膣で発症する場合も

the drugs and pills

膣カンジダってわかりますか?もしあなたの膣で以下のような症状が見られる場合、まさしく膣カンジダである可能性が言えます。下手に悪化させないように治療していきましょう。

Read more

症状の中身とは

the blister packs

とても大事なデリケートゾーンを守るためにも、しっかりカンジダ対策をしていく必要があります。まずはカンジダの症状の具体的な内容についてあなたもしっかり知っておいてください。

Read more

spoonful of medicine

検査キットを使う

the white capsules and drugs

もしもカンジダになってしまったら、薬をすぐに使わなければいけません。そのためまずは検査薬の入手について今回はすこしアドバイスをしておきたいと思います。これなら気軽に誰でも買えるでしょう。

Read more

女性だけではない

the colorful medicines

日常生活を送っているだけでも、女性なら発病してしまう性病のカンジダは感染経路についてしっかりと勉強しましょう。知らないと後で絶対に苦労します。

カンジダは男性、女性とも持っている菌になります。よく女性がなりやすいと言われますが、そんなことはありません。菌自体が弱いものになるので、健康な時は発症しませんが、免疫力が弱まったり基礎疾患が理由で発症してしまいます。カンジダの感染経路は様々でもともと人間に共存している場合がほとんどです。皮膚カンジダのケースでは、自分が持っていた菌がなんらかのきっかけで、特定の場所で増えてしまい発症することが原因になります。また爪などから入り込み皮膚の奥深い所で発症してしまう場合もあります。乳幼児に多い肛門部のカンジダ症も自分が持っているものや、世話をしてくれる大人が持っている真菌類などが原因で発症してしまうことが多いです。

性病と勘違いしている人がおおいですが、感染経路は自分が持っている菌がきっかけで発症することが多いので、カンジダ症にかかっている女性と関係を持ってしまったからというだけではありません。女性が発症する膣カンジダも自分が持っている菌が感染経路のことの方がおおいです。ただパートナーに移してしまうこともあるので注意が必要です。その他、トイレの時にトイレットペーパーから感染してしまうこともあります。出産の時に産道から感染してしまうことや、母乳を飲む時に感染してしまうこともあります。妊娠を希望している場合は一度調べてもらうことも大切です。感染経路には様々な原因が考えられますが、カンジダは皮膚炎のひとつです。性病だけではありません。