膣で発症する場合も

the drugs and pills

膣カンジダはおりものの異常と膣内のかゆみに特徴のある感染症です。一般的な性感染症とは異なり、性行為がなくても発症します。もともと人間の体内に存在しているカンジダ菌が、以上に増殖することで発症します。その原因は、免疫力の低下や善玉菌の減少によることが多く、女性ならば誰にでも起こりうる病気です。また、性交渉を通して、男性に感染する場合もあります。そんなカンジダの症状に気が付いた時は、婦人科か性病科のある病院を受診すると良いでしょう。症状に応じて、塗薬や抗菌薬などの飲み薬が処方されるのが一般的です。早期に治療すれば、不快な症状をいち早く抑えることができます。また、カンジダは再発しやすいため、予防を心掛けることも大切です。

カンジダを発症した場合は、まず病院を受診するのがおすすめですが、2度3度と再発を繰り返す場合は、市販薬を利用するというのも一つの方法です。再発するたびに病院へ足を運ぶ手間と労力を節約することができます。再発した場合の市販薬はドラッグストアーやネットショップでも手軽に手に入るため、速やかに治療を始めることができます。けれども、市販薬では症状を緩和できても、完治することは難しい場合もあるため、症状が改善しない場合はやはり病院を受診した方が良いでしょう。また、繰り返し再発する人は、日ごろの生活を見直すことで、予防することも可能です。バランスのとれた食事や適度な運動を取り入れることで免疫力の低下を防ぎましょう。