症状の中身とは

the blister packs

カンジダとは人間の体、特にデリケートゾーン周辺に住んでいる常在菌で一般には人の免疫力で増えるのを自然におさえています。男女の差はなく、カンジダは免疫力が落ちた時に繁殖するのですが男性はほとんど症状がでることはありません。男性のカンジダ症状は性器のかゆみ、斑点が出る、痛みなどです。異常にカンジダが増殖すると症状がおこるとされています。免疫力が落ちる原因としては、ストレス、不眠、抗生物質の薬の服用などが考えられます。妊娠している女性もカンジタになりやすいので早期にぬり薬など治療を開始することが必要です。生まれてくる子供が菌の中で生まれた場合、子供に影響することがあります。通常は病気が発生しても、自分の免疫力が回復することで良くなってしまうことが多いです。

女性のカンジダ症状について膣やデリケートゾーンのかゆみ、おりものがおおくなる、いたみ、腫れなどです。抗生物質について、抗生物質の薬は体内に入るいい菌まで殺してしまうことがあります。本来常在菌は細菌などの体に悪影響を及ぼす可能性のある菌を殺して体の健康を保つ役目を持っています。しかし、薬を服用したあとは常在菌がいなくなるため悪い菌が悪さをして異常に増えてしまうことがあります。カンジダの予防法は高温多湿になると家の中でカビが発生するようにカンジタも増殖しやすい状態になります。下着や洋服のしめつけ、その中でも女性はストッキングやタイツなどにも気をつけるようにしましょう。夏だけでなく、冬に使用するこたつも高温多湿になるので気をつけましょう。